CloudNative Days Spring 2021 ONLINE 協賛レポート

2021年3月11日~12日にオンラインで開催された、日本最大級のクラウドネイティブ・テックカンファレンス。
GMOインターネットグループはトップスポンサーで協賛しました!

当日の様子と登壇セッションについて、そして例の幕間CMについてもお届けします。

イベント概要

CloudNative Days Spring 2021 ONLINE
開催日時:2021年3月11日(木)~12日(金)+アーカイブ1か月間
会  場:オンライン
主  催:CloudNative Days Spring Committee
参加費用:無料(事前登録制)
公式HP:https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/

登壇セッション

『決済システムにおけるクラウドネイティブへの挑戦』
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 三谷隆

GMOペイメントゲートウェイでは、24/365・高トラフィック・高セキュリティ・低レイテンシーが求められる決済システムにおいて、ここ数年でクラウドネイティブへ挑戦してきました。何を目指し、どんなことに気をかけて、何がキモであったのか。このセッションではそのアプローチ過程から得た教訓を紹介しました。

▼ご視聴はこちら
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/591


『Docker/Kubernetes開発・運用のためにテスト駆動開発入門』
GMOインターネット株式会社 元内柊也

DockerやKubernetesには、さまざまな方法でテストを行い最小のコストで各種設定や開発者が行う設定を抑える仕組みがいくつも存在しています。しかしながらこれらの仕組みを最大限活用するには知識が必要です。本セッションではDocker/Kubernetesの中でもプロダクトや個人で利用しているツールやその周辺知識について説明しました。

▼ご視聴はこちら
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/481


『マインド:計画と統制の文化にクラウドネイティブの種をまく』
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 駒井直

年間6兆円の決済を扱うGMOペイメントゲートウェイは20年以上成長し続けてきました。決済を取り巻く状況は急速に変化が進み、より広範囲な柔軟性が求められています。問題解決のアプローチとしてクラウドネイティブアーキテクチャに可能性を感じながらも現状の責任とリスクを考え、転換できていないという企業も多いのではないでしょうか。20年以上の成功体験を持つシステム組織の中に、クラウドネイティブな思想をどう種まきしたのか、経験を基にお話しました。

▼ご視聴はこちら
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/471


『PGマルチペイメントサービス」のマイクロサービス移行計画』
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 佐久間洋明

GMOペイメントゲートウェイはクレジットカード決済やコンビニ決済など、さまざまな決済手段を通販・ECサイトなどに提供する「PGマルチペイメントサービス」を運営しています。
開発スピードと安定性を求められる決済サービスで取り組んでいるモノリシックなレガシーアプリケーションのマイクロサービス移行計画についてお話しました。

▼ご視聴はこちら
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/541


『インフラ目線でみた、初めてコンテナでサービスをリリースする時のセキュリティポイント』
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 山崎牧彦

はじめてコンテナやクラウドサービスを使ったリリースをする方なら、誰もが「コンテナ×クラウドの利便性は分かったけど、いざ本番サービスで利用しようとするとセキュリティ面が不安…」と思うことでしょう。
このセッションでは、初めてのコンテナ×クラウド技術を使った本番環境構築や外部機関の監査を受けた経験から、インフラ目線で事前に認識しておきたいセキュリティのポイントについて解説しました。

▼ご視聴はこちら
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/441

新CM初公開

GMO DevelopersのイメージWeb CM「まじめにベンチャー。まじめにギーク。」シリーズの最新作、『~まじめに語りすぎて筋トレしながら語る人編~』をCloudNative Days Spring 2021 ONLINE(CNDO)で初公開させていただきました。

今回、CNDOで幕間CMを放映するにあたり、クラウドネイティブ技術について多々登壇し、今回のイベントにも登壇しているGMOインターネットのインフラエンジニア、元内が主演を務めました。

本幕間CMはクリエイティブチームと協力し、企画・撮影・編集まですべて内製で制作しています。コロナ禍ではございますが、会社近くのスタジオで十分な距離を保ち、撮影に臨みました。

Twitterでも驚きのお声をいただきましたが、元内のジャンプ力は本物です。きちんと、事前にストレッチを行ってから望んでおりますので安心してご視聴ください。

ストレッチの様子

まだ見ていない方はこの機会にぜひご覧ください。

リツイート・いいね大変喜びます!よろしくお願いします。

さいごに

この度はCloudNative Days Spring 2021 ONLINEをご視聴いただき、またレポートをお読みいただきありがとうございました。

またみなさまと次のイベントでお会いできるのを楽しみにしております!

ブログの著者欄

デベロッパーリレーションズチーム

GMOインターネット株式会社

イベント活動やSNSを通じ、開発者向けにGMOインターネットグループの製品・サービス情報を発信中

関連記事