GMO Developers Day 2021 開催の見どころ

こんにちは、GMOインターネットの稲守です。
開発者向けテックカンファレンス「GMO Developers Day 2021」がいよいよ今週の9月16日(木)17日(金)の2日間でオンライン開催します。
本記事では運営として見どころ情報をお届けします。
GMO Developers Day 2021公式サイト

GMO Developers Dayとは

最新技術を活用した新しい挑戦や、世の中に合わせて変化するさまざまな課題とその解決に向けた対応など、挑戦的かつ実践的な取り組みについて、事例を交えて幅広く紹介する技術カンファレンスです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、全セッションをオンライン配信します。開催2年目となる今年は規模を拡大し2日間で30のセッションをお届け予定です。


「Embrace change.」”変化を楽しもう。あなたは必ず変化する。人は気持ちで変化する。”をコンセプトに、最先端の技術とスピードをもって“自ら創る”ことにこだわる開発者たち自身が、その変化を楽しみながらチャレンジを続ける新たな領域へ向けた取組みをお届けします。

イベント概要

開催日時

9月16日(木)・9月17日(金)
両日とも13:00開始、17:00終了予定

参加費

無料

参加方法


公式サイトから事前登録制
登録時のメールアドレスに視聴用情報をご案内します。
また一部を除き各セッションはアーカイブ配信を行う予定です。

セッション構成

  • 2トラック開催
  • スピーカーによるプレゼンテーションのほか、複数名のスピーカーによるパネルディスカッション

Blockchain(NFT、Crypto)、AI、5G、SRE、CloudNativeなど様々なテーマを予定しています。

見どころセッションのご紹介


すべてのパネル企画が注目いただきたいテーマではあるのですが、ここではいくつかピックアップして、ご紹介したいと思います。

Day1

KEYNOTE:GMOが考えるNFT革命

オープニングを飾るキーノートはNFTをテーマにディスカッションを行います。
スピーカーは先日リリースしたNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」の責任者であるGMOアダム社長である高島。モデレーターは「ミス・ビットコイン」と呼ばれ日本初の暗号通貨による寄付サイト「KIZUNA」などを展開する株式会社グラコネのCEO藤本真衣さんに担当いただきます。
Adam byGMOの技術仕様や事例を解説しながら、我々が考えるNFTの課題や展望などをお届けできたらと考えています。

ブロックチェーン開発者トークセッション

ステーブルコイン「GYEN」、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」の開発者が登壇します。ブロックチェーンの課題、展望などをテーマとしパネルディスカッションを予定。ゲストモデレーターに絢斗優氏をお招きしブロックチェーンの先駆者たちによるトークをご期待ください。

Day2

KEYNOTE:CTO対談


GMOインターネットグループでは大小さまざまな開発組織があります。2日目のキーノートでは銀行、決済、インフラのCTOを迎え、エンジニア組織、カルチャー、技術展望などをテーマにパネルディスカッションを展開する予定です。

クラウドネイティブセッション


クラウドを「作る側」「使う側」の両方が存在する、国内でも非常に珍しい開発組織であることがGMOインターネットグループの特徴でもあります。
このセッションでは両サイドのリードエンジニアたちに集まってもらい、ディスカッションする予定です。

上記パネルディスカッション以外にも、トップエンジニアたちによりプレゼンテーションのほか、次世代を担うエンジニア、開発者事例、国内外のさまざまな開発拠点をつなぎ、合計30のセッションの配信を予定しています。2トラック×2日間をどうぞご期待ください。

参加者向けキャンペーン

セッションを視聴しアンケートに回答いただいた方を対象に、抽選で豪華景品が当たるキャンペーンもご用意しています。

たくさんの皆さんのご参加をこころよりお待ちしています!

ブログの著者欄

稲守 貴久

GMOインターネット株式会社

採用情報

関連記事