GMO Developers Day 2021 振り返りまとめ

こんにちは、GMOインターネットの稲守です。
先日9/16-17の2日間にわたり、GMO Developers Dayを開催させていただきました。
2年目となる今年は「Embrace change.」変化を楽しもうをテーマに2トラック、30セッションをお届けしました。
本記事では開催後のサマリをエントリー記事として公開します。

イベントサマリ

  • 開催日時:2021年9月16日(木)-17日(金)
  • セッション数:30コマ
  • 総スピーカー数:64名
  • アーカイブ総時間:689分

GMO Developers Day 2021公式サイト

https://developers.gmo.jp/developersday/

GMO Developers Day 2021アーカイブ動画(YouTube)

ここからは注目を集めたセッションの中から3つをご紹介します。

KEYNOTE:GMOが考えるNFT革命

オープニングを飾ったのは8月末にローンチしたばかりのNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」事業責任者である高島。モデレーターにミス・ビットコインこと藤本真衣さんが登壇いただき、Adamの仕様や事例を交えながら我々が考えるNFTの将来などについてディスカッションが行われました。
AdamではNFTのデファクトになりつつあるERC-721を採用しています。この日のセッションで始めて外部にアナウンスとなりました。
日本のNFTマーケットプレイスでは、はじめてERC-721実装に際した経緯やその思いなどは動画をご覧いただければと思います。
国内はもちろん海外の皆さんにも広く参画いただける環境を目指して、プロダクト開発と研究、改善を引き続き行って参ります。

参考:https://ethereum.org/ja/developers/docs/standards/tokens/erc-721/

変化を楽しむソフトウェア開発

Day1のスピーカセッションのトリを飾ったのは当社デベロッパーエバンジェリストの成瀬が登壇しました。
テーマである「変化を楽しむ」を軸としたソフトウェア開発への各種取組を事例を交えトークが行われました。
各セッションで参加者アンケートを実施したのですが、本セッションが最多のアンケート回答をいただきとても注目を集めていたことを確認できました。

チームで取り組むサービス開発のフロントエンド

当社グループには大小さまざまな開発チームがありますが、その中でフロントエンドを取り扱う皆さんに集まっていただき、フロント実装からインターフェース設計まで幅広くパネルディスカッションが行われました。
セッションの中では近年注目されている「デザインシステム」についても触れられました。デザインシステムとはデザイン原則や考え方、UIコンポーネントなどを内包したものの総称で、GMOペパボでは「inhouse」という名称のデザインシステムを公開しています。
また本セッションの同日には「デザインプリンシプル」が公開されました。下記URLから確認いただけます。

https://design.pepabo.com/inhouse/

https://design.pepabo.com/foundation/design-principle

多くの皆さまに視聴いただきました。本当にありがとうございました。
運営を代表しまして、改めてお礼いたします。

さいごに

GMOインターネットグループでは、「GMO Developers Day」を通じて、グループの最新事例を交えて技術への取り組みを毎年情報発信することにより、IT技術の発展を支援してまいります。

以下より配信いたしました30本のセッション・トークをすべてアーカイブ映像でご覧いただけます。この機会にぜひご視聴ください。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL-nSubl7UrR4GYfl4mbwdX7iuY_d-BOV7

ブログの著者欄

稲守 貴久

GMOインターネット株式会社

採用情報

関連記事