GMO DevelopersDay
GMO DevelopersDay 9.16THU - 9.17FRI
イベント開催まであと 2日

RubyKaigi 2022 参加&協賛レポート

GMOインターネットグループの稲守です。
3年振りにリアル開催されたRubyKaigi 2022について、現地参加してきましたのでレポート記事です。

はじめに

本カンファレンスはRubyの国際カンファレンスであり世界最大級のRubyイベントとして9月8日~10日の3日間、三重県総合文化センターおよびオンラインにて開催されました。Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏のキーノートのほか、たくさんのRubyエンジニアたちによるトークや交流が行われました。

GMOインターネットグループからはおよそ30名ほどの開発者たちが現地&オンライン参加しました。

本エントリーを書いている私も会社の費用負担で参加しています。(大事なこと)

イベント概要

概要

  • 日 時:2022年9月8日(木)〜 10日(土)
  • 会 場:三重県総合文化センター + オンライン配信
  • 主 催:RubyKaigi 2022チーム、一般社団法人日本Rubyの会
  • 公式HP:https://rubykaigi.org/2022/

RubyKaigiとは

RubyKaigi は、Ruby に関する世界最大級の国際カンファレンスです。
2019年の福岡開催から3年ぶりとなる今年は、三重県津市にある三重県総合文化センターにてリアル開催およびオンライン配信で開催されました。

国際会議なので英語、日本語で各セッションが構成されています。
GMOインターネットグループはRubyスポンサーとして協賛させていただいたほか、当社グループパートナー(=従業員)によるテクニカル協力や運営メンバーなども出ていました。

登壇セッション

カンファレンスのスピーカーとしてはRubyを開発言語として利用しているGMOペパボから柴田と黒瀧の2名が登壇しました。

Why is building the Ruby environment hard?

  • 9/10(土)11:30〜12:00 GMOペパボ株式会社 柴田 博志 @hsbt

RubyやRubyGemsなどのメンテナでもある柴田(hsbt)は「Why is building the Ruby environment hard?」と題して、Rubyの環境構築について登壇しました。

柴田(hsbt)の登壇資料

Ethereum for Ruby

  • 9/10(土)14:10〜14:40  GMOペパボ株式会社  黒瀧悠太 @kurotaky

SUZURIのシニアエンジニアリングリードを務める黒瀧は「Ethereum for Ruby」と題して登壇。SUZURIではNFT連携してTシャツなどグッズ制作できるようになりました。

黒瀧(kurotaky)の登壇資料

企業ブース

GMOペパボのみんなが「スパゲッティコード 1,000本釣り」と題して、久し振りのお祭りを感じさせる企画で盛り上がっていました。

キーノートを終えた Matzがブースに遊びに来てくれました。

久しぶりのリアルの熱気で多くの開発者同士が意見交換したり、謎のキーボード展示が突発開催されたり、たくさんのコラボレーションが見受けられました。
2019年の福岡に比べると会場規模の縮小がありましたが、それでも20社ほどがブース出展を行っており、企業ブースも非常に賑わっていました。まさにリアルの醍醐味ですね。

新CMの公開

RubyKaigi 2022の登壇にあわせ、黒瀧主演のCMを制作しました。
当日は会場で本CMをご覧いただいた方も多く居たと思いますので改めてご紹介です。

よく聞かれるのですが我々の開発者CM(「まじめにベンチャー。まじめにギーク。」シリーズ)は社内のクリエイティブチームとの内製で作っているCM作品です。

関連記事

GMOペパボのメンバーが本カンファレンスのレポートを公開しています。
ぜひ本記事と併せてご覧ください。

さいごに

改めてリアルの熱量を感じ、オンラインとオフラインのそれぞれの良さを実感しました。
リアルとオンライン配信を今後も上手く組み合わせて、技術情報を我々もお届けしたいなと改めて思いました。
上記の関連記事を書いたP山とも3年振りにF2Fで意見交換ができ、私自身も新しい発見を皆さんからもらえました。

2日目は会場までタクシーを使ったのですが、運転手の方に「君もルビー何とかか?!今日で4人目だよ」と言われ地域で開催することのインパクトや意義を学びました。

登壇者の皆さん、参加企業の皆さん、参加者の皆さん、そして運営の皆様は本当にお疲れさまでした。
特にネットワークチームの皆さんに置かれましては多大なる貢献に感謝しかありません。
最終日に来年の開催は5月に長野県の松本と発表がありました。
また皆さんとお会いできることを楽しみにしてレポートを締め括りたいと思います。

ブログの著者欄

稲守 貴久

GMOインターネットグループ株式会社

2006年入社。ブログ部門や証券部門などを経て現職。研究開発部門でグループ各社のサービスや新規事業の技術支援を行いながら、技術PRや若手開発者の採用と育成を担当。得意領域はUI設計、HCD、HCI。日本酒とお寿司が好きです。

採用情報

関連記事

KEYWORD

採用情報

SNS FOLLOW