SharePointのリストのフォームをPowerAppsでカスタマイズしてみる

オフィスワーク モダナイズ への道

前回までの「Power Appsでいきなりアプリ開発」に引き続き、今回はSharePointとPowerAppsを組み合わせていきなり入力フォームを作成してみましょう。PowerAppsの開発機能を利用して、SharePointだけでは実現できない入力フォームのカスタマイズが可能となります。

ウィザードでフォームのカスタマイズ

まずはSharePointにカスタムリストを作成します。今回は天気を記録する簡単なリストです。リスト自体も既定で入力フォームが用意されていますが、カスタマイズできる範囲は限定的となっています。

Power Appsとの連携を確認してみましょう。

リストから「統合」-「PowerApps」-「フォームのカスタマイズ」を選択します。

Power Appsのウィザードが起動します。

ウィザードが終了すると、入力フォームが作成されています。カスタマイズということで試しに背景に色をつけてみました。

「ファイル」メニューを選択して、この状態で保存します。

「SharePointに公開」を選択します。

SharePointのリストに戻り、「新規」を選択すると、カスタマイズが反映された入力フォームが表示されます。登録済みのリストデータを選択してもデータ編集フォームとして同様に表示されます。

Power Appsでカスタマイズ

リストの入力フォームが簡単にPower Appsでカスタマイズ可能なことが確認できたところで、Power Appsならではの機能的なフォームを作成してみましょう。 左メニューから「メディア」-「アップロード」を選択してPower Appsのギャラリーに天気の画像をアップロードします。

ギャラリーからアップロードされた晴れのファイルを選択して、フォームにドラッグ&ドロップします。画像の名前を分かりやすいように変更しておきます。

全ての画像を配置しました。

次に、天気のテキストボックスを選択して、右メニューから「プロパティーを変更するためにロックを解除します。」を選択します。

「Default」プロパティーに以下の数式を設定します。

If(SharePointForm1.Mode=FormMode.New,TenkiText, Parent.Default)

フォームが表示された場合、新規の場合は変数“TenkiText”を設定して、それ以外(編集)の場合は既存データを表示します。

同様に、日付のテキストボックスのロックを解除します。

「Default」プロパティーに以下の数式を設定します。

If(SharePointForm1.Mode=FormMode.New,Today() , Parent.Default)

フォームが表示された場合、新規の場合は変数今日の日付を設定して、それ以外(編集)の場合は既存データを表示します。

配置した画像をクリックした場合の処理を設定します。

各画像の「OnSelect」プロパティーに以下の数式を設定します。

Set(TenkiText, “晴れ”)

クリックした場合に、天気テキストボックスに設定した変数“TenkiText”に“晴れ”の文字を設定します。他の画像にもそれぞれの天気の設定を割り当てます。

これによって、画像をクリックして簡単に天気の入力ができるようになります。

保存してSharePointに公開します。

リストから「新規」を選択すると、カスタマイズした入力フォームが表示されます。画像をクリックして簡単に入力できるようになりました。

標準フォームへの戻し方

カスタムフォームから標準のフォームへ戻すには、設定メニューから「リストの設定」を選択します。

「フォームの設定」を選択します。

「既定の SharePoint フォームを使用する」を選択することで、標準フォームの設定に戻すことができます。

以上、SharePointのリストからいきなり入力フォームのカスタマイズ方法を紹介しました。SharePointもPower AppsもMicrosoft365のサービスですので、親和性は抜群です。ウィザードですぐにカスタマイズ可能なフォームが作成できました。Power Appsならではの多機能性を発揮して、オフィスワークのモダナイズに役立ちそうです。

著書の紹介欄

Hyper-Vで本格的なサーバー仮想環境を構築。仮想環境を設定・操作できる!

できるPRO Windows Server 2016 Hyper-V

◇Hyper-Vのさまざまな機能がわかる ◇インストールからの操作手順を解説 ◇チェックポイントやレプリカも活用できる Windows Server 2016 Hyper-Vは、仮想化ソフトウェア基盤を提供する機能であり、クラウドの実現に不可欠のものです。 本書では、仮想化の基礎知識から、Hyper-Vでの仮想マシンや仮想スイッチの設定・操作、プライベートクラウドの構築、Azureとの連携などを解説します。

初めてのWindows Azure Pack本が発売

Windows Azure Pack プライベートクラウド構築ガイド

本書は、Windows Azure PackとHyper-Vを利用し、企業内IaaS(仮想マシン提供サービス)を構成するための、IT管理者に向けた手引書です。試用したサーバーは、最小限度の物理サーバーと仮想マシンで構成しています。Windows Azure Packに必要なコンポーネントのダウンロード、実際にプライベートクラウド構築する過程を、手順を追って解説しています。これからプライベートクラウドの構築を検討するうえで、作業負担の軽減に役立つ一冊です。

ブログの著者欄

樋口 勝一

GMOインターネット株式会社

1999年6月GMOインターネットに入社。Windows Serverをプラットフォームとしたサービス開発から運用・保守まで幅広く担当。講演登壇や出版、ネット記事連載などでマイクロソフト社と強い信頼関係を構築。2007年より「マイクロソフトMVPアワード」を受賞し、インターネットソリューションのスペシャリストとして活躍。

採用情報

関連記事

KEYWORD

採用情報

SNS FOLLOW