JJUG CCC 2022 Springにゴールドスポンサーで協賛・登壇決定!

JJUG CCC 2022 Springに協賛いたします!
GMOインターネットグループから2セッション登壇予定です。
是非ご参加ください。

JJUG CCC 2022 Springとは

JJUG CCCは毎年2回、春と秋に開催する日本最大のJavaコミュニティイベントです。Java関連の技術や事例に関する良質なセッションが行われ、また異なる分野で活躍するJava技術者が集まる場ともなっています。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止に配慮して、CCC 2022 Springはオンラインで開催いたします。

イベント開催概要

GMOインターネットグループからの登壇者

スポンサーセッション

  • 6月19日(日)11:00~11:45 Track B
クレジットカード決済システムをJavaで構築して10年間運用した話 
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 米原 孝太

オンライントランザクションを処理するシステムをJavaで構築して運用した経験を話します。
・24時間無停止のシステムを構築するために考慮したこと
・高負荷時の処理対処方法
・運用中に発生する不具合対処の考え方
・ログ出力へのこだわり
・10年間運用した過程で対応したこと

■セッション詳細:https://fortee.jp/jjug-ccc-2022-spring/proposal/dc6c1fa2-9b64-4cdb-a602-30d535c9849f

公募セッション

  • 6月19日(日)17:00~17:45 Track C
イベントソーシング入門 in Java――イベントストーミングから Akka persistence を使った CQRS+ES 実装まで
GMOインターネットグループ テックリード 成瀬 允宣

本トークではイベントストーミングでモデリングを行い、Akka でそれを実装する様子をお届けします。
マイクロサービスにはいくつもの課題があります。
たとえば多くのマイクロサービスではデータストアがサービスごとに用意されます。
これはモノリシックアーキテクチャでは可能だった RDB JOIN 操作やマクロなデータベーストランザクションが利用できないことを意味します。
この課題を乗り越える方法のひとつが CQRS+ES です。
CQRS+ES を実践するにはいくつかのハードルが存在しますが、Akka には CQRS+ES をスムーズに実践できる機能があります。
本トークでマイクロサービスの課題を認識し、CQRS+ES の実装をキャッチアップしてみましょう。

■セッション詳細:https://fortee.jp/jjug-ccc-2022-spring/proposal/feef52a6-36a5-413f-a04c-5be783c635d7

さいごに

皆様のご参加お待ちしてます!

ブログの著者欄

デベロッパーリレーションズチーム

GMOインターネット株式会社

イベント活動やSNSを通じ、開発者向けにGMOインターネットグループの製品・サービス情報を発信中

採用情報

関連記事

KEYWORD

採用情報

SNS FOLLOW