「みなさんの在宅ワーク」アンケート結果 #GMODev

Developers Night #05イベントレポート

GMO Developers Night #05「みなさんの在宅ワーク」アンケート結果報告
イベント開催レポート(https://developers.gmo.jp/2846/)については別途公開させていただきましたが、今回やイベント中に行われたアマギフチャレンジ企画の投票結果をご紹介したいと思います。
テーマは、zoomウェビナーからご参加いただいた皆さまにご回答いただいた、在宅ワークに関するアンケート「みなさんの在宅ワーク」です。

在宅ワークしていますか?

「在宅ワークしている」方が89%とかなり高い数値となりました。
今回イベントにご参加いただいた皆さまの属性を見てみると、6割の方がエンジニアということでしたので、この点は在宅ワーク率が高くなっていた要因だったかもしれませんね。
当社はコロナウイルスの感染を避けるため、1月27日から在宅ワークに入りました(プレスリリース:
https://www.gmo.jp/news/article/6641/ )が、他社さんでも在宅ワークが導入される企業も増えてきているようです。

在宅ワーク実施率

在宅ワークをする前と後のイメージ

「在宅ワークをする前(BEFORE)」は良いイメージが88%、悪いイメージが12%だったのに対し、「在宅ワークをする後(AFTER)」は良いイメージが82%、悪いイメージが18%と、圧倒的に良いイメージの方が多いですが、在宅ワークをする前と後で回答いただいた方のうち2割弱の方がイメージに変化があったようです。

当社は在宅11週目をむかえ、私も始めた当初はストレスもありましたが、パートナー(社員)同士で協力し働きやすい環境を作る工夫をしたこともあり、今はだいぶ慣れて改善されてきました。今回のGMO Developers Nightで登壇者がお話ししたものが皆さまの参考になると嬉しいです。

※在宅ワークをすでにしている方の回答のみ抽出して統計を出しています。

在宅ワークとオフィスどちらが集中できる?

6割の方が「在宅の方が集中できる」と回答しました。私も仕事をする中で一人で作業するものは誰にも声をかけられずに作業できて集中できるなと感じています。その分、”自分でしっかりマインドコントロールしないとだらけてしまい集中できない” ”通勤時間や移動がない分切り替えにくい” ”作業環境が整っていない事によるストレス”という点で、オフィスの方が集中できる方もいらっしゃったのかなと思いました。

※在宅ワークをすでにしている方の回答のみ抽出して統計を出しています。

プライベートの変化

「運動不足になった」という回答が一番多い結果となりました。先日、緊急事態宣言も発令されて外への外出が減ったことや、スポーツジムへ行くことを避けていらっしゃる方も多いのかなと思います。また、在宅ワークになったことで通勤の移動もなくなり、ミーティングのために会議室へ移動する・・というちょっとした運動もなくなったりなどが要因のようです。

その他にも、通勤時間がなくなった分「自由時間が増えた」「睡眠時間が増えた」という方が6割前後でした。
ひとつ前の質問では「在宅ワークの方が集中できる」と答えた方が6割でしたが、プライベートに関する問いでは意外にも「残業時間が減った」と答えた方は3割でした。在宅ワークになったことで業務が増えたり、帰宅するという行動がない分、仕事をしていらっしゃる方や前と勤務時間が特に変わらないという方もいるのかもしれませんね。
「浪費が減った」と答えた方も3割でした。外に出て消費するという機会は減ってしまったかもしれませんが、Amazonなどネットショップのセールでついつい買ってしまった、家での生活を充実させるためにもおうちグッズを買った、という方も多いのではないでしょうか。

※在宅ワークをすでにしている方の回答のみ抽出して統計を出しています。

さいごに

アンケートにご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束と、皆さまの在宅ワークがより充実されることを心より願っております。
引き続きGMO Developers Nightをよろしくお願いします。またのご参加お待ちしております!

ブログの著者欄

デベロッパーリレーションズチーム

GMOインターネット株式会社

イベント活動やSNSを通じ、開発者向けにGMOインターネットグループの製品・サービス情報を発信中

採用情報

関連記事