System Center 2012 セットアップ方法 

セットアップウィザードによるインストール方法をご紹介

GMOインターネット株式会社 システム本部 樋口 勝一が担当するGMO最新ネット業界レポート-ソリューション編。

先日、System Center 2012のSP1がリリースされ、ようやくWindows Server 2012など最新OSに対応できるものとなりました。今回はSystem Center製品の中で、サーバー、クライアントPC、ネットワーク機器、アプリケーションまでも集中管理するための機能を提供する「System Center 2012 Operations Manager(SCOM)SP1」の具体的なセットアップ方法をご紹介します。

セットアップウィザードによるインストール

この製品のインストールはなかなか難しいところがあり、きちんとした手順を踏まえないとインストールが成功しない場合があります。実際のスクリーンショットを掲載しつつ解説していきます。

今回は、一台のWindows Server 2012 Standardに、管理サーバーやレポートサーバー、SQLサーバーなどSCOMのすべてのコンポーネントをインストールする構成としています。

まずは、いきなりですがSCOMのセットアップウィザードを起動してみましょう。

インストールする機能を選択します。ここではすべての項目にチェックを入れます。

事前になにもしない状態でウィザードを進めると、セットアップの前提条件に不足があり、「セットアップウィザード続行不可能」となってしまます。

詳しく見てみると、「オペレーションコンソール」の項目では「レポートビューアーコントロール」がインストールされていないというエラーが出ていますが、こちらは後ほどインストールすることとします。

もうひとつ「Webコンソール」では、多くのエラーが表示されています。

ほとんどがIIS関連のエラーなので、まずはIISをきちんと構成していきましょう。

役割と機能の追加

まずは「サーバーマネージャー」から「役割と機能の追加」を選択します。「役割と機能の追加ウィザード」が起動したら「サーバーの役割」の項目で「Webサーバー(IIS)」を選択します。

次に「機能の追加」項目では、先ほどエラーの出ていた機能を追加していくことになりますが、「サーバーの役割」で「Webサーバー(IIS)」を選択すると、ある程度の項目にはすでにチェックが入っている状態なので、それでも不足している機能を確認しつつ、一つずつ追加していきます。

まずは、「Windows認証」「要求の監視」「IIS 6 メタベース互換」にチェックを入れます。

ここまで追加した状態でSCOMのセットアップウィザードに戻り、前提条件の確認をしてみます。

まだ、ASP.NET関連の項目が足りないようなので、再度「サーバーマネージャー」から「役割と機能の追加」ウィザードで「サーバーの役割」を追加していきます。先ほどWebサーバーの役割を追加してことによって、Webサーバーの項目配下に「アプリケーション開発」の項目が選択できるようになっているので 「.NET 拡張機能 3.5」「.NET 拡張機能 4.5」「ASP.NET 3.5」「ASP.NET 4.5」にチェックを入れます。

次に機能の追加で「.NET Framework 4.5 Features」-「WCFサービス」配下の「HTTPアクティブ化」にチェックを入れます。

「役割と機能の追加」ウィザードを完了します。

ここでポイントとなるのが、一度サーバーを再起動して各機能関連のサービスをスタートさせておくことです。

再度SCOMのセットアップウィザードを起動し、前提条件の確認をしてみます。ようやくここまできました。あとは指定されているサイトからレポートビューアーコントロールをダウンロードして、インストールするたけです。

今度こそということで、SCOMのセットアップウィザードを起動してみましょう。

無事、前提条件をクリアしましたので、ようやく次のステップにウィザードをすすめることができます。

SQLサーバーのインストール

「インストールオプションの指定」では、最初にインストールするSCOMなので、「管理グループ名」を指定します。

次に「オペレーションデータベースの構成」になります。前提条件の確認では項目がありませんでしたが、SCOMにはSQLサーバーが必須となっています。また、レポートサーバーでは、SQLサーバーのReporting Service 機能を使用するため、SQLサーバーと合わせてインストールしておく必要があります。 SCOMのインストールはこのまま中断しておいて、先にSQLサーバーのインストールをしておきます。

>System Center 2012で利用できるSQLサーバーのバージョンはこちらで確認することができます。

今回はSQL Server 2012 Standard SP1をインストールしておきます。SQLサーバーのインストールは、ウィザードに従っていけば特に失敗するようなことはないようです。

途中、「機能の選択」のところで、「検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出」と「Reporting Service – ネイティブ」に忘れずにチェックを入れて選択しておきます。

セットアップウィザードで「Reporting Serviceの構成」の部分では「Reporting Service ネイティブモード -> インストールと構成」にチェックを入れておくとすぐにReporting Serviceが利用できるので、こちらを選択しておきましょう。

無事SQLサーバーのインストールが完了したら、再びSCOMのセットアップウィザードに戻って続きをみてみましょう。

SQLサーバーのインストール

「オペレーションデータベースの構成」

「データウェアハウスデータベースの構成」

「SQL Server Reporting Services 用 SQL Server インスタンス」

ここで先ほどインストールしたSQLサーバー、Reporting Serviceの情報を設定します。続いて、「Webコンソールで使用するWebサイトを指定します -> Webコンソールで使用する認証モードを選択します」でWebサーバー設定します。

続いて「Operations Manager アカウントの構成」で使用するアカウントの設定をします。

ここまでくれば、あとはウィザードのボタンを押し進めるだけです。無事SCOMのセットアップが完了しました。

以上、長くなりましたが、SCOMのセットアップを細々とご紹介してみました。ウィザート一発で簡単にとはいきませんので、前提条件で必要な機能を順番通り確実にインストールすることがポイントです。

ようやくSCOMを起動することができます。ここからSCOMがスタートです!


*本文中に記載されている会社名および商品名・サービス名は、各社の商標 または登録商標です。

著書の紹介欄

Hyper-Vで本格的なサーバー仮想環境を構築。仮想環境を設定・操作できる!

できるPRO Windows Server 2016 Hyper-V

◇Hyper-Vのさまざまな機能がわかる ◇インストールからの操作手順を解説 ◇チェックポイントやレプリカも活用できる Windows Server 2016 Hyper-Vは、仮想化ソフトウェア基盤を提供する機能であり、クラウドの実現に不可欠のものです。 本書では、仮想化の基礎知識から、Hyper-Vでの仮想マシンや仮想スイッチの設定・操作、プライベートクラウドの構築、Azureとの連携などを解説します。

初めてのWindows Azure Pack本が発売

Windows Azure Pack プライベートクラウド構築ガイド

本書は、Windows Azure PackとHyper-Vを利用し、企業内IaaS(仮想マシン提供サービス)を構成するための、IT管理者に向けた手引書です。試用したサーバーは、最小限度の物理サーバーと仮想マシンで構成しています。Windows Azure Packに必要なコンポーネントのダウンロード、実際にプライベートクラウド構築する過程を、手順を追って解説しています。これからプライベートクラウドの構築を検討するうえで、作業負担の軽減に役立つ一冊です。

ブログの著者欄

樋口 勝一

GMOインターネット株式会社

1999年6月GMOインターネットに入社。Windows Serverをプラットフォームとしたサービス開発から運用・保守まで幅広く担当。講演登壇や出版、ネット記事連載などでマイクロソフト社と強い信頼関係を構築。2007年より「マイクロソフトMVPアワード」を受賞し、インターネットソリューションのスペシャリストとして活躍。

関連記事