JJUG CCC 2021 Spring にトップスポンサーで協賛決定!

JJUG CCCとは

JJUG CCCは日本最大のJavaコミュニティイベントです。Java関連の技術や事例に関する良質なセッションが行われ、また異なる分野で活躍するJava技術者が一堂に会する場ともなっています。

イベント概要

  • 開催日時:2021年5月23日(日)
  • 会場  :オンライン
  • 主催  :日本Javaユーザグループ
  • 参加費 :無料
  • 公式HP :https://ccc2021spring.java-users.jp/

GMOインターネットグループの登壇情報


お名前.comにおける長続きさせるバックエンド側の開発・保守について 

16:00〜 Track C 【スポンサーセッション】
GMOインターネット株式会社 小林 隆晴 @taka_kobayashi

国内最大級のドメイン公式登録サービス「お名前.com」は、20年以上続いています。
ドメインの登録実績は2,500万件を超え、ドメインを便利に使うための機能も多く兼ね備えた大規模なシステムです。
業務は多岐にわたり、ソースコードは20年前のものも多く残っており、全てを把握している人はおらず
特定の機能については、誰も知らないこともあったりするレガシーあるあるのシステムです。
そのレガシーな大規模システムに、日々、どう向き合って、開発・保守を行い
サービスを改善させているかをご紹介いたします。
詳細はこちら→https://fortee.jp/jjug-ccc-2021-spring/proposal/be563321-d6c3-441c-b6b5-4cda9abfeaf2

ソフトウェアアーキテクチャの選び方

13:00〜 Track D
GMOインターネット株式会社 デベロッパーエバンジェリスト 成瀬 允宣 
@nrslib

ソフトウェアはその生涯において、さまざまな要求を突き付けられます。
要求に応え続けるために必要なことは、コードをシンプルに保つことです。
ソフトウェアアーキテクチャは抽象化と問題の分割によって複雑性を減らし、コードをシンプルに保つことに貢献します。
ソフトウェアが中長期的に利用されることを前提とするのであれば、ソフトウェアアーキテクチャの理念やそれ自体を採用することは検討すべき事柄です。
しかしながら、ここにひとつの問題があります。
それはソフトウェアアーキテクチャが単一でないことです。
日夜進歩しつづけるソフトウェア開発の世界では、多くのソフトウェアアーキテクチャが生まれつづけています。
それらの中から、チームやソフトウェアの目的やライフサイクルに最適なものを選定するのは容易なことではありません。
そこで本トークでは「ソフトウェアアーキテクチャの選定」をテーマに、ソフトウェアアーキテクチャの特徴や実装例を紹介しながら、どういった観点で選定をしているかについてお話します。
本トークで取り上げる主なソフトウェアアーキテクチャは次のとおりです。

・レイヤードアーキテクチャ
・ヘキサゴナルアーキテクチャ
・オニオンアーキテクチャ
・クリーンアーキテクチャ
・ADOP
※サンプルコードは Spring Boot を予定しています。
詳細はこちら→https://fortee.jp/jjug-ccc-2021-spring/proposal/fe3ad133-ce18-4408-9e05-a5e05cb79eb7

さいごに

以下よりご参加申込の上、ご視聴ください。
お申込みはこちら→ https://jjug.doorkeeper.jp/events/120427

では、みなさまとJJUG CCC 2021 Springでお会いできること、楽しみにしております!

ブログの著者欄

デベロッパーリレーションズチーム

GMOインターネット株式会社

イベント活動やSNSを通じ、開発者向けにGMOインターネットグループの製品・サービス情報を発信中

採用情報

関連記事