Hyper-V Provisioning メモリの設定

Hyper-Vを使ったクラウドサービスの作り方 Vol.4

GMOインターネット株式会社 事業本部 樋口 勝一が解説する『Hyper-Vを使ったクラウドサービスの作り方』。 前回に引き続き『Hyper-V Provisioning』について紹介。今回は、メモリとプロセッサーの設定方法を解説します。

Hyper-V上の仮想マシンのメモリを512MBから任意の値に変更

デフォルトでは512MBのメモリが割り当てられています。こちらを任意の値に変更してみましょう。

はじめに、静的メモリの設定方法からご紹介します。(参照:コード01)

コード1

  1:  FunctionSetStaticMemory( ByValobjManagementScope AsManagementScope,   ByValstrVMName AsString, ByValintMemory AsInteger) AsBoolean
   2:  DimobjComputerSystem AsManagementObject = Nothing
   3:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery

  ("SELECT * FROM Msvm_ComputerSystem WHERE ElementName = '"  & strVMName & "'")).Get
   4:  objComputerSystem = objManagementObject
   5:  Next
   6:   
   7:  DimobjVirtualSystemSettingData AsManagementObject = Nothing
   8:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery

  ("SELECT * FROM Msvm_VirtualSystemSettingData WHERE ElementName = '"  & strVMName & "'")).Get
   9:  objVirtualSystemSettingData = objManagementObject
  10:  Next
  11:   
  12:  DimstrMemorySettingData AsString= ""
  13:  DimobjMemorySettingDataCollection AsManagementObjectCollection = 

  objVirtualSystemSettingData.GetRelated("Msvm_MemorySettingData")
  14:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InobjMemorySettingDataCollection
  15:  objManagementObject("VirtualQuantity") = intMemory
  16:  strMemorySettingData = objManagementObject.GetText(TextFormat.CimDtd20)
  17:  Next
  18:   
  19:  ForEachobjVirtualSystemManagementService AsManagementObject   InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery

 ("SELECT * FROM Msvm_VirtualSystemManagementService")).Get
  20:  DimobjParams AsManagementBaseObject = 

  objVirtualSystemManagementService.GetMethodParameters  "ModifyVirtualSystemResources")
  21:  objParams("ResourceSettingData") = NewString() {strMemorySettingData}
  22:  objParams("ComputerSystem") = objComputerSystem.Path.Path
  23:  DimobjManagementBaseObject AsManagementBaseObject = 

  objVirtualSystemManagementService.InvokeMethod

  ("ModifyVirtualSystemResources", objParams, Nothing)
  24:  ReturnJobComplete(objManagementBaseObject, objManagementScope)
  25:  Next
  26:  EndFunction

1行目:

引数として、ManagementScope オブジェクト、仮想マシン名、メモリ容量を渡します。

2~5行目:

仮想マシン名をキーにして、WMIクエリでメモリ設定を行う仮想マシンオブジェクトを取得します。

7~10行目:

仮想マシンに対して、様々な設定を行うには、仮想マシンごとにある、Msvm_VirtualSystemSettingData クラスを介して設定していきます。

13行目:

取得したMsvm_VirtualSystemSettingDataオブジェクトを利用して、メモリの設定を行うためにMsvm_MemorySettingDataクラスから、メモリ設定の項目一覧を取得します。

14~17行目:

項目一覧から今回設定するメモリ容量のプロパティーに設定値を入力。

今回は1GBのメモリを設定するので、VirtualQuantityに1024を指定。

設定情報をXML形式で保存します。

19行目:

仮想マシン作成時と同様に、Msvm_VirtualSystemManagementService クラスを使用して、

メモリ容量を変更していきます。

Msvm_VirtualSystemManagementServiceクラスのオブジェクトの一つをFor~Next文で取り出します。

20行目:

仮想マシンの作成時とは異なり、メモリ容量などの変更には、ModifyVirtualSystemResourcesメソッドを使用します。事前にModifyVirtualSystemResourcesメソッドで、必要となるパラメーターオブジェクトをGetMethodParametersで取得し、各項目に設定値を入力しておきます。

21行目:

先ほど設定したメモリ容量をXML化した設定情報を、ResourceSettingDataパラメーターに入力します。

22行目:

ComputerSystemパラメーターには、4行目で取得したメモリ容量を変更する仮想マシンを格納したMsvm_ComputerSystemオブジェクトを指定します。

23行目:

ModifyVirtualSystemResourcesメソッドを、入力したパラメーターの内容で実行します。

24行目:

今回もJobCompleteを使用して、メソッドの実行を完了します。

以上で、エラーが無くコードが走れば、Hyper-V上の仮想マシンのメモリは512MBから1GB(1024MB)に変更されています。

DynamicMemoryの設定方法

さて、次は、SP1の売りの一つ、DynamicMemoryの設定方法です。基本的な流れはStaticMemoryと同様ですが、Msvm_MemorySettingDataで設定する項目に、DynamicMemory特有のものが増えています。(参照:コード02)

   1:  FunctionSetDynamicMemory(ByValobjManagementScope AsManagementScope,   ByValstrVMName AsString, ByValintMemory AsInteger) AsBoolean
   2:  DimobjComputerSystem AsManagementObject = Nothing
   3:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery

  ("SELECT * FROM Msvm_ComputerSystem WHERE ElementName = '"  & strVMName & "'")).Get
   4:  objComputerSystem = objManagementObject
   5:  Next
   6:   
   7:  DimobjVirtualSystemSettingData AsManagementObject = Nothing
   8:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery

  ("SELECT * FROM Msvm_VirtualSystemSettingData WHERE ElementName = '"

  & strVMName & "'")).Get
   9:  objVirtualSystemSettingData = objManagementObject
  10:  Next
  11:   
  12:  DimstrMemorySettingData AsString= ""
  13:  DimobjMemorySettingDataCollection AsManagementObjectCollection = 

  objVirtualSystemSettingData.GetRelated("Msvm_MemorySettingData")
  14:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InobjMemorySettingDataCollection
  15:  objManagementObject("DynamicMemoryEnabled") = True
  16:  objManagementObject("VirtualQuantity") = intMemory
  17:  objManagementObject("Limit") = 4096
  18:  objManagementObject("TargetMemoryBuffer") = 20
  19:  objManagementObject("Weight") = 5000
  20:  objManagementObject("Reservation") = intMemory
  21:  strMemorySettingData = objManagementObject.GetText(TextFormat.CimDtd20)
  22:  Next
  23:   
  24:  ForEachobjVirtualSystemManagementService AsManagementObject 

  InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery

   ("SELECT * FROM Msvm_VirtualSystemManagementService")).Get
  25:  DimobjParams AsManagementBaseObject =

  objVirtualSystemManagementService.GetMethodParameters

  ("ModifyVirtualSystemResources")
  26:  objParams("ResourceSettingData") = NewString() {strMemorySettingData}
  27:  objParams("ComputerSystem") = objComputerSystem.Path.Path
  28:  DimobjManagementBaseObject AsManagementBaseObject = 

  objVirtualSystemManagementService.InvokeMethod

  ("ModifyVirtualSystemResources", objParams, Nothing)
  29:  ReturnJobComplete(objManagementBaseObject, objManagementScope)
  30:  Next
  31:  EndFunction

1~13行目:

StaticMemoryの設定と同様です。

15行目:

DynamicMemoryEnabled このプロパティーをTrueにすることでDyanimcMemoryが使用可能となります。同様のコードで静的メモリを設定したい場合は、DynamicMemoryEnabled をFlaseにすることで、下述のVirtualQuantityの設定値が静的メモリ容量となります。

16~20行目:

以前、DynamicMemoryの「Reservation」の設定方法の回でもふれましたが、各設定項目は以下のような意味となっています。

VirtualQuantityスタートアップRAM
Reservation最低RAM
Limit最大RAM
TargetMemoryBufferメモリバッファー(5 ~2000%)
Weightメモリの優先度(0 ~10000)

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc136856(v=vs.85).aspx

また、Msvm_VirtualSystemSettingDataオブジェクトを取得した場合に、各プロパティーに対して値を設定する人も、現在設定中のプロパティー値を取得することができます。

例えば、Msgbox(objManagementObject(“VirtualQuantity”)) と、してみると現在設定されているメモリ容量が表示されます。

Reservationの詳細については、こちら(サービス開発者から見たWindows Server 2008 R2 Service Pack 1 – Vol.2 – Dynamic Memoryの効果)を参考にしていただければと思います。

今回のサンプルでは、最大メモリを4GB、最低メモリを1GBとして設定しています。このコードによってDynemicMemoryの設定が可能となります。

プロセッサーの設定

次に、プロセッサーの設定を行なってみましょう。(参照:コード03)

コード3

 1:  FunctionSetProcessor(ByValobjManagementScope AsManagementScope, 

  ByValstrVMName AsString, ByValintProcessor AsInteger) AsBoolean
   2:  DimobjComputerSystem AsManagementObject = Nothing
   3:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery

  ("SELECT * FROM Msvm_ComputerSystem WHERE ElementName = '"
  & strVMName & "'")).Get
   4:  objComputerSystem = objManagementObject
   5:  Next
   6:   
   7:  DimobjVirtualSystemsettingData AsManagementObject = Nothing
   8:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InobjComputerSystem.GetRelated("Msvm_VirtualSystemsettingData")
   9:  objVirtualSystemsettingData = objManagementObject
  10:  Next
  11:   
  12:  DimobjProcessorSettingData AsManagementObject = Nothing
  13:  ForEachobjManagementObject AsManagementObject 

  InobjVirtualSystemsettingData.GetRelated("Msvm_ProcessorSettingData")
  14:  objProcessorSettingData = objManagementObject
  15:  objProcessorSettingData("VirtualQuantity") = intProcessor
  16:  Next
  17:   
  18:  ForEachobjVirtualSystemManagementService AsManagementObject 
  InNewManagementObjectSearcher(objManagementScope, NewObjectQuery
  ("SELECT * FROM Msvm_VirtualSystemManagementService")).Get
  19:  DimobjParams AsManagementBaseObject = 
  objVirtualSystemManagementService.GetMethodParameters
  ("ModifyVirtualSystemResources")
  20:  DimstrResourceSettingData AsString() = NewString(0) {}
  21:  strResourceSettingData(0) = objProcessorSettingData.GetText
  (TextFormat.CimDtd20)
  22:  objParams("ResourceSettingData") = strResourceSettingData
  23:  objParams("ComputerSystem") = objComputerSystem.Path.Path
  24:  DimobjManagementBaseObject AsManagementBaseObject = 
  objVirtualSystemManagementService.InvokeMethod
   ("ModifyVirtualSystemResources", objParams, Nothing)
  25:  ReturnJobComplete(objManagementBaseObject, objManagementScope)
  26:  Next
  27:  EndFunction

1行目:

引数として、ManagementScope オブジェクト、仮想マシン名、CPUの数を渡します。

2~10行目:

ここまではいつもの通り、Msvm_ComputerSystemオブジェクトと、Msvm_VirtualSystemsettingDataオブジェクトを取得しておきます。

13行目:

CPUの設定を行うには、Msvm_ProcessorSettingDataクラスからオブジェクトを取得して行ないます。

15行目:

VirtualQuantityがCPUの数を設定するプロパティーとなります。

今回は2個のCPUを搭載します。

18~26行目:

メモリの設定同様、ModifyVirtualSystemResourcesメソッドを使用して変更し、JobCompleteを使用してメソッドの実行を完了します。CPUが2つ搭載されていれば成功です。

以上、今回はStaticMemory、DynamicMemory、CPUの設定方法についてご紹介しました。

次回も仮想マシンに対しての各パーツの設定方法についてご紹介する予定です。

*本文中に記載されている会社名および商品名・サービス名は、各社の商標 または登録商標です。

著書の紹介欄

Hyper-Vで本格的なサーバー仮想環境を構築。仮想環境を設定・操作できる!

できるPRO Windows Server 2016 Hyper-V

◇Hyper-Vのさまざまな機能がわかる ◇インストールからの操作手順を解説 ◇チェックポイントやレプリカも活用できる Windows Server 2016 Hyper-Vは、仮想化ソフトウェア基盤を提供する機能であり、クラウドの実現に不可欠のものです。 本書では、仮想化の基礎知識から、Hyper-Vでの仮想マシンや仮想スイッチの設定・操作、プライベートクラウドの構築、Azureとの連携などを解説します。

初めてのWindows Azure Pack本が発売

Windows Azure Pack プライベートクラウド構築ガイド

本書は、Windows Azure PackとHyper-Vを利用し、企業内IaaS(仮想マシン提供サービス)を構成するための、IT管理者に向けた手引書です。試用したサーバーは、最小限度の物理サーバーと仮想マシンで構成しています。Windows Azure Packに必要なコンポーネントのダウンロード、実際にプライベートクラウド構築する過程を、手順を追って解説しています。これからプライベートクラウドの構築を検討するうえで、作業負担の軽減に役立つ一冊です。

ブログの著者欄

樋口 勝一

GMOインターネット株式会社

1999年6月GMOインターネットに入社。Windows Serverをプラットフォームとしたサービス開発から運用・保守まで幅広く担当。講演登壇や出版、ネット記事連載などでマイクロソフト社と強い信頼関係を構築。2007年より「マイクロソフトMVPアワード」を受賞し、インターネットソリューションのスペシャリストとして活躍。

採用情報

関連記事